トップ

二人目の妊活を始める

二人目不妊とその原因

意外と多い二人目不妊

不妊に悩む夫婦は多いですが、第一子を出産できても、第二子をなかなか妊娠できないというケースも少なくありません。第一子を無事に妊娠して出産していることから、生殖機能については問題ないはずだと考えるでしょう。しかし、第二子を授かろうとしているときは、第一子を妊娠したときと環境がだいぶ異なります。そのため、妊娠しない原因を探ることが大切です。
二人目を考える妊活ならこちら。

まず、第一子のときよりも確実に年齢が高くなっています。35歳を過ぎると、妊娠力は大幅に下がってしまうため、ほんの数年であっても第一子のときよりも妊娠しにくくなるのです。また既に子どもがいることから、育児をしながら妊活をしていることでしょう。ストレスがたまりやすいため、妊娠しにくい状態になっていることが多いです。焦ってしまうと、さらにストレスが大きくなるため注意が必要です。また、授乳中は妊娠しにくくなります。夜には子どもを寝かせないといけないため、自然と夜の営みをする回数も減ることも原因の1つとして挙げられるでしょう。

第一子を出産する際に、妊娠しにくくなる原因ができたという例も見られます。出産の際には出血を伴いますが、そのときに感染症にかかってしまうことがあります。その感染症が原因で不妊に陥ってしまうことがあるのです。特に自覚症状がない感染もあるため、二人目をなかなか妊娠しない場合には、病院で検査を受けてみると良いです。

この他に、第一子を妊娠するときから、元々不妊要因があったという夫婦も少なくありません。第一子のときに、早い段階で妊娠できると、その可能性を疑うことはあまりないでしょう。ただ、運が良かったというケースも考えられるため、元々不妊要因があった可能性も疑ってみましょう。